AS21538刀:無銘(左貞吉)

説明

刀:白鞘入り(特別保存刀剣)
銘: 無銘(左貞吉)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 無銘(左貞吉)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着二重
刃長:76.0 センチ
反り: 1.5センチ
目釘穴:2 個
元幅: 3.22センチ
先幅: 2.26センチ
重ね:0.73 センチ
刀身重量: 850 グラム
時代:南北朝時代
体配:大擦上無銘で身幅が広く重ね厚く
反り適度につき鋒が伸び表裏に棒樋を掻き流す。
地鉄:板目肌良く練れて地沸がつき淡い映りがあらわれる。
刃紋:小沸出来直刃に砂流、金筋が働く。
帽子:乱れ込んで先尖りごころに返る

特徴:左貞吉は大左の門人で従来の多数ある
九州物の作域から大きく脱却し、地刃ともに明るく冴えて、地景金筋の交わる作風を樹立した。
左一門の刀工は多く、大左の子,安吉を始め行弘、吉貞、国弘、弘行、弘安、定行らがあり、総じて師風をよく継承してる。
それらの弟子達を末左と呼ぶ。

葵美術より一言:本作は大摺上無銘であるが、身幅が広く、大切先で典型的な南北朝時

の体配で、特に帽子にこの派の特徴が良く表れ。
本作はその特徴を発揮した作品 で地鉄がよくしっかりとした作品です
重量は850グラムあり長さも76cmと長く是非お勧めしたい作品です。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形


開始価格: ¥1,200,000

残り時間:

終了時刻: 2022/01/22 (土) 10:30

¥
(入札可能 : ¥1,200,000 )
(This will set your max bid. )

商品カテゴリー: , ,

入札履歴

オークション開始
2022/01/15 (土) 10:14

※ = 自動入札