AS21678 脇差:丹波守藤原照門

説明

ご注文番号:AS21678
脇差:白鞘入り(保存刀剣)( 委託品 )
銘: 丹波守藤原照門                 
 
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は 丹波守藤原照門 としては上作にランクされる作品です。

新刀:寬文:中上作:美濃
研磨済み
はばき:素銅地と銀の二重鎺

刃長:54.4センチ
反り:1.2センチ
目釘穴:1個
元幅:3.32センチ
先幅:2.38センチ
重ね:0.74センチ
刀身重量:610グラム
時代:江戸時代 寛文の頃
体配:身幅が広く、重ね厚く、反り適度にのびた体配で切先は中切先となり、がっしりとした肉置きの良い作品です。
地鉄:小板目肌に杢目肌が混じり、綺麗で詰んだ地鉄となる。
刃紋:沸出来、のたれが丸みを帯びて、刃中に足がよく働き、帽子丸みをつけて先小丸に返る。

特徴:濃州関や勢州桑名、武州江戸において製作していた刀工で、作風は豊後守正全に似ています。

葵美術より一言:この刀工は茎が独特に深く切れているのが特徴です。  身幅も豊後守正全に似てがっしりとした作品が多く、本作も良く似ています。脇差はとかく地鉄の荒れる作品が多いですが本作は疵や欠点がなくいかにも美濃の色合いが強くできも優れております。
是非お買い求め下さい

保存刀剣鑑定書
葵美術鑑定書:全身押し形 鶴田文佳

終了したオークション

入札がなかったため、オークションの期限が切れました

商品カテゴリー:

入札履歴

このオークションは終了しました。

入札がなかったため、オークションの期限が切れました
オークション開始
2022/01/11 (火) 13:33

※ = 自動入札