AS21527 刀:備中国住次吉作

説明

ご注文番号:AS21527
刀:白鞘入り(第46回重要刀剣)

銘: 備中国住次吉作

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 最上作 としては最上作にランクされる作品です。
中古刀:上々作日:大業物
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:71.5センチ
反り:1.4センチ
目釘穴:2個
元幅:3.03センチ
重ね:0.7センチ
刀身重量: 755グラム
時代:南北朝時代貞治の頃
体配:大ぶりの長巻で茎に銘があり表裏に棒樋と添桶を彫る。
地鉄:小板目肌良く練れて地沸が付き縮緬肌となり映りが良く現れる。
刃紋:小沸出来直刃にのたれとなり小足、葉が盛んに働く。
帽子、焼き詰めとなる。

特徴:擦り上げ、区送があるが茎に備中国住次吉作と銘が残り当時の豪華な長巻の体配
を感じさせる。
この時代の長巻は中青江と称され比較的豪壮な作品が多く制作されております。

葵美術より一言:ほぼ生の長巻で当時 の体配をみてとれる作品です。通常青江は刀銘に銘が切られますが
本作は太刀銘となっております。 健全であり昨今なかなか市場には出
てこない在銘の備中国住次吉作であります。
地鉄が良く、波紋も雅味があり是非お勧めしたい名品です。
すでに重要刀剣に指定されております。

第46回重要刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形



終了したオークション

入札がなかったため、オークションの期限が切れました

商品カテゴリー:

入札履歴

このオークションは終了しました。

入札がなかったため、オークションの期限が切れました
オークション開始
2021/12/26 (日) 09:22

※ = 自動入札