AS21052 刀:陸奥会津住道辰(6代)

説明

ご注文番号:AS21052
刀:白鞘入り、拵え付き

銘: 陸奥会津住道辰(6代)
慶応三年二月日

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 陸奥会津住道辰 としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅一重
刃長:75.2センチ
反り:1.4 センチ
目釘穴:1個
元幅:3.16センチ
先幅2.19センチ
重ね:0.78センチ
刀身重量:930 グラム
時代:江戸時代末期 慶應の頃
体配:身幅が広く重ね厚く反りやや浅く鋒がのびた、がっしりとした作品
地鉄:柾目出来地沸がよくつき地景が見て取れる
刃紋:直刃出来二重刃が混じり明るく冴えた作品で帽子大きく丸く返る。

特徴:6代陸奥会津住道辰は現在の島県岩代で会津兼定と共に活躍しました。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に蜘蛛が糸を貼る図柄を金で色絵をし透かす。
銘:会津正阿弥
鞘:黒刻み鞘に漆を塗る
目貫:3匹の獅子が遊びまわる図を赤銅で高彫し金で色絵をほどこす
葵美術より一言:地金が柾目出来で惜しい事に表の中ほどに小瑕がでております又物打ち近辺の刃中に炭籠がありますが柾目出来の 素晴らしさで補っております。
切れ味は素晴らしく良く切れ会津の武士達にとっては大変人
気の高い作品であったと言われております。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

終了したオークション

入札がなかったため、オークションの期限が切れました

商品カテゴリー:

入札履歴

このオークションは終了しました。

入札がなかったため、オークションの期限が切れました
オークション開始
2021/12/15 (水) 10:32

※ = 自動入札