AS21458 脇差:(菊紋)一河内守祐定

説明

ご注文番号:AS21458
脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:  (菊紋)一河内守祐定
備前国長船住 

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 菊紋)一河内守祐定としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み 上研磨済み
はばき:金着二重
刃長: 51.2センチ
反り: 1.5センチ
目釘穴: 2個
元幅: 3.13センチ
先幅: 2.35センチ
重ね: 0.65センチ
時代:江戸時代宝永の頃
体配:身幅、重ねしっかりとした作品で反りが深く鋒が伸び健全で肉置きが良くハマグリの表面を触った時の感触です。
地鉄:小板目肌実に良く摘んで地沸がつき澄んだ綺麗な地鉄に映りが現れる
刃紋:匂い出来丁子乱れとなり小足、葉が働く。
帽子:丸く返る

特徴:河内守祐定は宗左衛門の息子で仁左衛門と称し摂津に住む。

拵:
鍔:赤銅地に木と花を高彫りする。 政常と銘がある
縁頭:赤銅魚子地に家紋を金で描く 銘:柳川直連 
鞘:黒呂色鞘
目貫:桜の花を金無垢?で高彫りする
笄:赤銅魚子地に桜の花を高彫し金で描く  銘江川利政
葵美術より一言:本作の河内守祐定は  中でも最高級の出来と思います、

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形




落札価格:¥901,000

商品カテゴリー:

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : eziegler

eziegler
2021/12/19 (日) 01:29
¥901,000
Nakamoto
2021/12/19 (日) 01:25
¥900,000
オークション開始
2021/12/12 (日) 10:59

※ = 自動入札