AS19531 刀:伊勢守藤原岩捲信貞(美野・寛永頃)

説明

ご注文番号:AS19531
刀:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:伊勢守藤原岩捲信貞(美野・寛永頃)       
                 
新刀:良作:美濃
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は伊勢守藤原岩捲信貞としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:金着一重 
刃長:75.9センチ
反り:1.0センチ
目釘穴:2
元幅:3.28センチ
先幅:2.29センチ
重ね:0.84センチ
刀身重量: 930 グラム
時代:江戸時代寛永の頃
体配:長寸で身幅が広く重ねがっしりと反りやや浅く
切先やや延びた健全な肉置きのある作品。
地鉄:小板目肌に杢目肌が交り肌立ち地錵が付き独特な地金となる
刃紋:錵出来互の目乱れとなり丸みのある互の目乱れ足が入り帽子丸く返り先、掃掛となる。

特徴:伊勢守藤原岩捲信貞は美濃の刀工で美濃国大野郡岩捲に住し数多くの作品を製作する。美濃刀は戦国時代数多くの刀工がその需要に答えた。新刀期になるとがっしりとした作品が多く、特に伊勢守藤原岩捲信貞はその中でも切れ味の良い作品として特に良く知られ評価された。本作は長寸で身幅がありがっしりとして肉置きの良い蛤刃となり是非御薦めしたい作品です。

特別保存刀剣鑑定書  
葵美術評価鑑定書:全身押し形



終了したオークション

入札がなかったため、オークションの期限が切れました

商品カテゴリー:

入札履歴

このオークションは終了しました。

入札がなかったため、オークションの期限が切れました
オークション開始
2021/12/12 (日) 09:58

※ = 自動入札