AS21472 脇差:水心子正次(花押)

説明

ご注文番号:AS21472

脇差:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:水心子正次(花押)
為七十二翁松岡直惇造之 
               
鞘書:水心子正次 為打ちの傑出の一也
彫物義胤見事 長さ1尺5寸7分半有し昭和寅戌年初夏日 寒山誌

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 水心子正次としては最上作にランクされる作品です。
新新刀:上作:武蔵
研磨済み
はばき:金着一重
刃長: 47.5センチ
反り:1.0 センチ
目釘穴:1 個
元幅:3.75 センチ
先幅: 3.5センチ
重ね:0.5 センチ
刀身重量: 595 グラム
時代:江戸時代末期
体配:身幅が3.75cmと反りが深めに付き
大切先となり豪壮な体配で表に八幡大菩薩と彫り
裏には濃密な剣巻龍と独鈷を彫る。 彫物義胤
地鉄:小板目肌良く練れて地沸が付き綺麗な地肌となり
渦巻き状の地景が入る。
刃紋:沸出来互の目乱に足が入り、刃中、砂流 、金筋が働く。
帽子:乱れ込んで先、尖利心に大きくやき下げる

特徴:水心子正次は直胤一門にして川部家を継ぎ蔓延元年11月に亡くなる。
作風は直胤の作風を引継ぎ相州伝、備前伝も良くこなす。

葵美術より一言:水心子正次 が松岡直惇の為に制作した作品で彫りは義胤の傑作であります。
目や口、鱗には鋭さがあり義胤の技量の高い技術を感じさせます。
ぜひこの素晴らしいこと濃密な剣巻龍と独鈷を彫った義胤彫の豪壮な作品を是非お求めください

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形(鶴田文佳)


落札価格:¥2,800,000

商品カテゴリー: , ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : Aeneas

Aeneas
2021/12/11 (土) 01:27
¥2,800,000
オークション開始
2021/12/04 (土) 10:15

※ = 自動入札