AS21479-脇差:肥前国佐賀住広貞(初代)

説明

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)
銘: 肥前国佐賀住広貞(初代)

鞘書:肥前国佐賀住広貞 一尺七寸七分 初代忠吉代作者也

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は肥前国佐賀住広貞(初代)としては上々作にランクされ
る作品です。
研磨済み
はばき:素銅一重鎺
刃長: 54.0センチ
反り: 1.3センチ
目釘穴: 1個
元幅: 2.93センチ
先幅:1.97 センチ
重ね:0.58 センチ
刀身重量: 505グラム
時代:江戸時代寛永の頃
体配:身幅、重ねしっかりと反りやや深くつき鋒が伸びる。
地鉄:小板目肌よく練れて地沸がつき綺麗な肥前地鉄となる。
刃紋:沸出来互の目乱れ葉が働き高低に変化があり
河内大掾正弘に似る。鋒:丸く返る

特徴:広貞は初代忠吉の門人で寛永頃に活躍しどこか忠国に似た作品を制作する。明暦2年85歳まで活躍する。 相右衛門と称し忠国の門人であります。

拵:
鍔:楕円形の真鍮鍔に笹藪と鳥、山々を高彫する。
縁:赤銅魚子地におしどりと植物を高彫し金で色絵をほどこす。銘:勝木市惣氏?
頭:角
鞘:黒呂色鞘
目貫:赤銅地でおしどりの図柄を高彫し金で色絵をほどこす
小柄:赤銅魚子地に獅子の図柄を高彫し赤銅と金で色絵をほどこす。
小刀:銘-行長

葵美術より一言:出来の良い肥前国佐賀住広貞で覇気のある作品に拵えもよくできた作品です。
特別保存に合格しており是非お勧めしたい作品です。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

落札価格:¥366,000

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : Aeneas

Aeneas
2021/11/20 (土) 10:28
¥366,000
e.arrodriguez1
2021/11/20 (土) 10:28
¥365,000
e.arrodriguez1
2021/11/20 (土) 10:20
¥351,000
Aeneas
2021/11/20 (土) 10:20
¥350,000
e.arrodriguez1
2021/11/20 (土) 09:15
¥326,000
giorgio_vasari
2021/11/20 (土) 09:15
¥325,000
giorgio_vasari
2021/11/20 (土) 00:59
¥321,000
e.arrodriguez1
2021/11/20 (土) 00:59
¥320,000
e.arrodriguez1
2021/11/20 (土) 00:56
¥319,000
giorgio_vasari
2021/11/20 (土) 00:56
¥318,000
e.arrodriguez1
2021/11/20 (土) 00:55
¥316,000
giorgio_vasari
2021/11/20 (土) 00:55
¥315,000
e.arrodriguez1
2021/11/19 (金) 18:06
¥311,000
shi72gud
2021/11/19 (金) 18:06
¥310,000
shi72gud
2021/11/19 (金) 03:49
¥302,000
michaeltschoepe
2021/11/18 (木) 23:49
¥301,000
shi72gud
2021/11/16 (火) 22:07
¥300,000
オークション開始
2021/11/13 (土) 11:10

※ = 自動入札