AS21470-短刀:朱銘(千代鶴)

説明

短刀:拵え入り
銘: 朱銘(千代鶴)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 朱銘(千代鶴) としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重に波の図柄を彫る
刃長:19.8センチ
目釘穴:2個
元幅:1.49センチ
重ね:0.42センチ
刀身重量: 75 グラム
時代:室町時代初期頃
体配:片切刃作りの作品で茎が長く、先端は尖って薩摩風となる。
地鉄:小板目肌良く練れて地沸が付き淡い映りが現れる。
刃紋:小沸出来互の目乱二重刃が混じり
刃中、砂流 、金筋が柔らかく働く
帽子、丸く返る。

特徴:茎には朱銘で千代鶴と描かれているが異なった鑑定となるかもしれません。

拵:
鞘:黒炉色鞘に蒔絵を一面に描き城。
景色などを金で色絵を施す見事な技術であります。

保証: 保存刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形

落札価格:¥170,000

商品カテゴリー:

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : Aeneas

Aeneas
2021/11/17 (水) 10:20
¥170,000
オークション開始
2021/11/10 (水) 10:12

※ = 自動入札