AS21509 刀:備中国水田住国重作(三代)

説明

ご注文番号:AS21509
刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘: 備中国水田住国重作(三代)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は備中国水田住国重作としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み 上々研磨
はばき:金銀合金一重はばき
刃長:69.4 センチ
反り: 1.6センチ
目釘穴:1 個
元幅: 2.89センチ
先幅:2.04 センチ
重ね: 0.5センチ
刀身重量: 655 グラム
時代:江戸時代 寛永から寛文にかけて1621年
体配:身幅、広め重ねしっかりと反りが適度に付き
鋒がのびた体配の良い作品です。
地鉄:小板目肌良く練れて地沸が付き地景が働く。
刃紋:沸出来、荒い沸出来が交じり互の目乱が主体となって
刃中、砂流、金筋がよく働く。

特徴: 備中国水田住国重は色々な説があり詳細は不明でありますが、室町末期から活躍していたと考えられます。
作風は荒々しい沸出来の作品が多く野趣の富んだ作品で好まれる
愛刀家が多い。又代別が難しく明確なことはわかりません。
本作は備中国水田住国重の3代と思われる作品で常の作品より穏やかな出来ですが、匂口が深く互の目乱を巧みに焼き上げております。
大月与五郎国重作、山城大堟国重など俗名を入れた作品も多く存在します。

拵:
鍔:円形の鉄鍔で木の葉を透かし彫り金で色絵を施す。
耳には金色覆輪を施す。 銘:友恒作
縁頭:赤銅地に竹と雀を高彫し金で色絵をほどこす。
鞘:黒炉色鞘に帯状の線を沢山入れる
目貫:傘の図柄を高彫し金で色絵をほどこす。

葵美術より一言:備中国水田住国重は野趣に富んだ荒々しい作品が多く、本作も大互の目乱れ、濤乱刃風に荒々しく焼き上げております。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形


落札価格:¥912,000

商品カテゴリー:

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : schneiderthomas2

schneiderthomas2
2021/11/16 (火) 01:23
¥912,000
助平
2021/11/16 (火) 01:04
¥911,000
schneiderthomas2
2021/11/16 (火) 01:04
¥910,000
schneiderthomas2
2021/11/09 (火) 16:47
¥906,000
助平
2021/11/09 (火) 16:47
¥905,000
助平
2021/11/09 (火) 11:38
¥900,000
オークション開始
2021/11/09 (火) 11:00

※ = 自動入札