AS21548 脇差:越前守藤原国次

説明

ご注文番号:AS21548

脇差:拵え入り(特別貴重刀剣)

銘:越前守藤原国次
以南蛮鉄

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は越前守藤原国次としては上作にランクされる作品です。
研磨済み

刃長:51.7センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:1個
元幅:2.89センチ
先幅:2.00センチ
重ね:0.53センチ
時代:江戸時代、寛永頃
体配:鎬造の脇差
地鉄:板目肌ざんぐりとして肌目のよく見て取れる脇差。
棟に少し錆があります。
刃紋:沸出来、尖りごころを交えた互の目乱れ。刃中、砂流金筋よく入る。

特徴:越前守藤原国次(初代)江戸時代寛永頃の越前の刀工。
山城の刀工出羽大掾国路の弟子で向鍛治を務めた為、作品数は少ない。

拵:
鍔:鉄透かし鍔。沢瀉図。
縁頭:赤銅地に波図。
鞘:黒呂色鞘。
目貫:五三桐紋。

特別貴重刀剣
葵美術評価鑑定:全身押し形


終了したオークション

入札がなかったため、オークションの期限が切れました

商品カテゴリー:

入札履歴

このオークションは終了しました。

入札がなかったため、オークションの期限が切れました
オークション開始
2021/11/07 (日) 09:17

※ = 自動入札