AS19341 短刀:不明(秀安作)(室町後期)

説明

ご注文番号:AS19341
短刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:不明(秀安作)(室町後期)

古刀:末古刀:
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は不明(秀安作)としては普通作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:素銅一重
刃長:20.9センチ
反り:0センチ
目釘穴:3個
元幅:1.83センチ
重ね:0.57センチ
刀身重量:95グラム
時代:室町時代後期
体配:冠落としの作品で鋭さのある出来
地鉄:小板目肌詰んで地錵が付く
刃紋:錵出来刃区より水景映りが見て取れ、その先匂口の深い互の目乱れとなり刃中、砂流、金筋が働きその後刃文は
刃、ぎりぎりとなり先端は錵出来金筋が働く。

特徴:本作はかなり当時の作からは薄くなっておりますが、
地金には瑕や欠点が少ないので無垢鍛えと考えられます。
銘文は秀安作とあり保存刀剣に合格いたしております。
永正期の薩摩、波平秀安が該当します。
流石に時代の変遷があり刃紋は健全とは云えませんが、
魅力のある刃文となり充分に楽しめる作品と云えます。

拵:
鍔:木瓜形鉄はみ出し鍔、桜の図を銀象嵌
縁頭:赤銅地に葡萄の図を高彫りし金、銀、素銅で色絵をほどこす。
鞘:焦茶色
目貫:赤銅地に蟹の図を高彫りし金で色絵をほどこす。

葵美術より一言:冠落としの短刀で茎には表に秀安作と刻まれております。
時代は古く少なくとも室町時代後期はあると考えられます。 
多少刀身は減りましたが芯鉄はないと考えます。 
体配が面白く出来も鑑賞することが出来ます

保存刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形


終了したオークション

入札がなかったため、オークションの期限が切れました

商品カテゴリー:

入札履歴

このオークションは終了しました。

入札がなかったため、オークションの期限が切れました
オークション開始
2021/09/23 (木) 10:23

※ = 自動入札