AS21436 脇差:菊紋 越前守源信吉

説明

ご注文番号:AS21436
脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:菊紋 越前守源信吉 

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は越前守源信吉としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀と金着二重はばき。
刃長:51.1センチ
反り:1.7センチ
目釘穴:1個
元幅:3.30センチ
先幅:2.37センチ
重ね:0.789センチ
時代:江戸時代延宝の頃
体配:身幅が広く重ね厚く反りが深く付き
切先がややのびた体配の良いがっしりとした脇差
地鉄:小板目肌よく詰んで練れた精良な地金となる。
刃紋:錵出来、刃区より直刃、その作匂口の深い
太直刃にのたれが混じり二重刃が働き
刃中砂流、金筋が良く働く。
帽子、乱れ込んで砂流が混じり掃掛風となる。

特徴:越前守信吉は初代京信濃守信吉の三男で、名を高井金三郎という。入道して、倫信と称した。信濃守を受領して、亰の油小路に住し鍛刀した刀工で、井上真改、助広に私淑した。銘を「越前守源信吉」、「入道源来信吉」、「高井越前守源来信吉」などと切り、その作風は沸本位の互の目乱れを焼くが、井上真改に迫るような直刃の作もある。晩年は大坂に移住して鍛刀したと言われている。元禄頃の晩年の作には「(菊紋)一」「源」の字を加えている物がある。 

拵:
鍔:竪丸形の赤銅鍔
縁頭:赤銅魚子地に獅子の図を高彫りし金で色絵をほどこす。
鞘:朱塗り鞘
目貫:赤銅地に花の図を高彫り、金で色絵。

葵美術より一言:まさにごりごりの作品で元幅が3.30cmと広く、がっしりとしています。
そういった脇差を御希望の方に是非ともお勧めしたい作品です。

保存刀剣鑑定書:葵美術正真鑑定書
全身押し形


終了したオークション

入札がなかったため、オークションの期限が切れました

商品カテゴリー:

入札履歴

このオークションは終了しました。

入札がなかったため、オークションの期限が切れました
オークション開始
2021/09/17 (金) 09:29

※ = 自動入札