AS21419 脇差:相模守藤原国綱

説明

ご注文番号:AS21419
脇差:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:相模守藤原国綱
越前住                                

新刀:中作:越前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は藤原国綱としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ: 素銅地に銀の色絵
刃長:46.7センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:1個
元幅:3.19センチ
先幅:2.35センチ
重ね:0.80センチ
刀身重量:570グラム
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅が3.19cmと広く重ね厚く反り適度に付き
大切先のがっしりとした作品です。
地鉄:板目肌柾がかり地鉄の良く見てとれる作品
刃紋:錵出来直刃、明るく冴える
帽子大きく丸く返る。

特徴:相模守藤原国綱は裏銘がある様に越前の刀工で、多兵衛尉と称し初代兼植の門人として活躍する。 本作は身幅が広く反りがやや深く切先が延びる体配をしているので寛文より時代が上がり寛永頃の作品と考えられます。本作は身幅が広くかっしりとした健全な作品で、国綱としては出来が特に優れとかく有りがちな鎬地の荒れも少なく彼の傑作刀といえる作品です。匂出来の冴えた明るい刃紋は越前新刀としては珍しく御薦め出来る作品です。

葵美術より一言:がっしりとした脇差で地肌が良く練れた肌目が良く見てとれる作品です。最近この様な作品が少なくなってきております。是非お買い求め下さい。

特別保存刀剣鑑定書 
葵美術評価鑑定書:全身押し形


落札価格:¥201,000

商品カテゴリー:

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : chchblom

chchblom
2021/09/21 (火) 06:35
¥201,000
shi72gud
2021/09/20 (月) 21:05
¥200,000
オークション開始
2021/09/14 (火) 10:00

※ = 自動入札