AS11205 脇差:無銘 (島田義助)

説明

ご注文番号:AS11205
脇差:白鞘入り(保存刀剣)

銘: 無銘 (島田義助) 

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘 (島田義助)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着二重
刃長:37.1センチ
反り:0.6センチ
目釘穴:2個
元幅:3.03センチ
重ね:0.6センチ
刀身重量: 300グラム
時代:室町時代末期
体配:身幅が広く重ね幅尋常なやや先反りのある作品で
表に大非多門天、裏には梵字と大黒様を彫る。
地鉄:小板目肌練れて肌立ち地沸がつく。
刃紋:沸出来互の目乱れに尖互の目乱れが混じり
刃中、砂流が入り金筋が働く。

特徴:島田義助は駿河国嶋田で活躍した一派で、室町時代中期から末期まで続き、義助・助宗・広助が活躍した。   
義助は数代存在するが銘振りで代別を決めるのが難しく明確な鑑定はできていない。

葵美術より一言:刀身に刻まれた大悲多門天とは仏教の衆生 (しゅじょう) の苦しみを救う仏・菩薩 (ぼさつ) の大きな慈悲と言われております。裏には大黒様が描かれ梵字がありよく彫られた作品です。体配がよく、身幅のある島田義助の名品を是非お勧めいたします。地金はよく寝れた肌立ちごころの見事な地金といえます。もともと彫りを入れるために彫りを意識して制作されたと考えられ、生無銘が惜しまれます。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形


落札価格:¥380,000

商品カテゴリー:

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : momoyama

momoyama
2021/09/04 (土) 12:10
¥380,000
オークション開始
2021/09/03 (金) 09:31

※ = 自動入札