AF21286-鍔: 無銘(浜野派)

説明

鍔:(特別保存刀装具)
銘:無銘(浜野派)

長さ:6.84cm x 6.26cm
重ね(耳):0.33cm
時代:江戸時代
重さ:110g

特徴:竪丸形の四分一磨地鍔に松、その下で唐子と戯れる布袋、また布袋のそばに置かれた大きな布施袋を鋤出高彫りし、金と銀の象嵌色絵を施す。耳は角耳小肉。

浜野派は浜野政随を祖とする金工一派であり、元々は奈良利寿 (としなが) の門人であった。初作は奈良の影響を強く残した穏やかな作品を作っていたが、のちに大高肉彫で大胆な模様を施すように変化し、一派を立ち上げた。浜野派は5代まで続き、2代矩随(のりゆき)など、名工を輩出した。

葵美術より:浜野派の特徴である大胆な高彫によって描かれた布袋と唐子は、楽しそうに遊ぶ声がすぐそばに聴こえてきそうなくらいの存在感をもっています。中国では弥勒菩薩の化身と崇められ、日本では七福神として有名な布袋と、その隣に置かれた布施袋には金色のお布施が沢山奉納されている様子から、とても縁起のよい鍔に仕上がっています。四分一磨地の独特な渋めの色合いも象嵌色絵の緻密さと美しさを引き立てており、是非ともお求めいただきたい鍔です。

桐箱入
葵美術評価鑑定書
特別保存刀装具


落札価格:¥120,000

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : maniwa.masaru

maniwa.masaru
2021/09/04 (土) 08:03
¥120,000
オークション開始
2021/08/28 (土) 13:19

※ = 自動入札