AS20292-脇差:備前国長船住祐定作

説明

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)
銘: 備前国長船住祐定作

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 備前国長船住祐定作としては上作にランクされる作品です。
研磨済み上研磨
はばき:素銅地と金着せの二重鎺
刃長:50.1センチ
反り:1.3 センチ
目釘穴:1個
元幅:3.21センチ
先幅:2.14センチ
重ね:0.71 センチ
刀身重量: 555グラム
時代:江戸時代元文の頃
体配:身幅が広く重ね厚く反りが付き
がっしりとした作品で切先が伸びる。
地鉄:小板目はだ良く詰んで地錵が良く付き奇麗な地金となる。
刃紋:刃区より直刃、その先互の目乱れに丁字乱れが交じり
明るく冴えて帽子丸く返り焼き下げる。

特徴:備前国長船住祐定作は室町時代末期に吉井川の氾濫と刀剣の需要が激減した事で江戸期になると衰退していったが
上野大掾祐定が一派をまとめ上げて備前刀の復興
に力を注ぎ再度復活する事と成った。
本作は江戸期に入った作品で1736年元文頃の作品と言えます。

拵:
鍔:鉄鍔に扇子を8個並べ高彫りし、金色絵をほどこす。
更に透かしを入れ素晴らしい出来の優れたデザインです。
縁頭:赤銅地 に這龍の図柄を金で色絵をほどこしす。
鞘:黒呂色鞘
目貫:赤銅地 で獅子の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。

葵美術より一言:備前国長船住祐定のしっかりとした作品で拵えも素晴らしく鍔、縁頭、目貫はかなり評価が出来るデザインの優れた作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形


落札価格:¥365,000

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : ttoshi-217

ttoshi-217
2021/08/28 (土) 14:02
¥365,000
オークション開始
2021/08/28 (土) 10:52

※ = 自動入札