AS16465-刀:濃州関住福太義宗

説明

刀:拵え入り
銘: 濃州関住福太義宗 保証:保存刀剣

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は濃州関住福太義宗 としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:真鍮一重
刃長:64.4センチ
反り:1.4センチ
目釘穴:1個
元幅:3.13センチ
先幅:2.7センチ
重ね:0.75センチ
時代:昭和 戦時中
体配:身幅、重ねしっかりとした刀で生刃を残し
反り適度に付き切先やや延びる。
地鉄:板目肌に大板目肌が混じりひじき肌を思わせる地鉄となる。
刃紋:錵出来尖り互の目乱れとなり帽子大きく丸く返る

拵:
鍔:円形のやや大振りの鉄鍔に真鍮象嵌する。
縁頭:鉄無地
鞘:黒呂色鞘
目貫:龍を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言: 濃州関住福太義宗 はそれほど有名な刀工ではありませんが出来から則重あたりを狙って制作したと考えられます。 それぞれの鉄を混ぜ合わせて制作した大肌物の作品で出来の優れた作品です。

保証:保存刀剣
葵美術評価鑑定書
全身押し形

終了したオークション

入札がなかったため、オークションの期限が切れました

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

入札がなかったため、オークションの期限が切れました
オークション開始
2021/07/21 (水) 10:37

※ = 自動入札