AS21239-脇差:大和守吉道(初代)

説明

脇差:白鞘入り(特別保存刀剣)(委託品)
銘:大和守吉道(初代)
                      
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 大和守吉道 としては上々作にランクされる作品です。
藤代刀工辞典:新刀:上作:摂津
研磨済み
はばき:金色一重鎺
刃長:48.7センチ
反り:1.1 センチ
目釘穴:1 個
元幅:3.16センチ
先幅:2.07 センチ
重ね:0.77 センチ
刀身重量:495グラム
時代:江戸時代 寬文の頃 1661年
体配:身幅やや広く重ね厚く表裏に棒樋を彫り
反り適度につき中鋒となる。
地鉄:小板目肌実に良く練れて地沸が付き綺麗な大阪地金となる。
刃紋:沸出来直刃刃紋刃縁柔らかく小足が煙るごとく入り、
帽子のたれて丸く変える三作帽子常の刃紋と異なり直刃出来明るく冴える。

特徴:大和守吉道は大阪初代丹波守吉道の次男で三品宇左衞門と称し初期作には簾刃を見かける。河内守国助の影響を受けた拳形丁字乱を焼き技量の確かさを発揮している。丹波守吉道と同様の出来の他、吉道独特の虎の尾返りの交じった丁字乱を完成させ鑑定の見所の一つとなっているが本作は吉道の直刃出来の作品で明るく冴えた刃紋が見どころです。

葵美術より一言:本作は大変珍しい大和守吉道の脇差で直刃できで明るく冴えた作品です。
刃縁が柔らかく小足が柔らかく朝霧の煙る風情の作品となります。
是非お勧めしたい作品です。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

落札価格:¥306,000

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : gerald

gerald
2021/06/19 (土) 10:29
¥306,000
edlim242
2021/06/19 (土) 10:29
¥305,000
gerald
2021/06/19 (土) 10:29
¥304,000
edlim242
2021/06/19 (土) 10:27
¥303,000
glukhovskyi
2021/06/19 (土) 10:27
¥302,000
glukhovskyi
2021/06/18 (金) 06:56
¥301,000
gerald
2021/06/14 (月) 23:38
¥300,000
オークション開始
2021/06/12 (土) 11:52

※ = 自動入札