AS12538 脇差:信国

説明

ご注文番号:AS12538

脇差:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:信国(時代 南北朝末期乃至応永)

中古刀:上々作:山城
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は信國 (初代)としては上々作にランクされる作品です。
上研磨済み
刃長:56.1センチ
反り:2.2センチ
目釘穴:3個
元幅:2.58センチ
先幅:1.79センチ
重ね:0.52センチ
時代:南北朝時代末期頃
体配:多少の区送があるが長さの充分ある脇差で反り深く体配の優美な脇差。
地鉄:小板目肌良く詰んで微塵の地錵が付き乱れ映りが現れる。
刃紋:小錵出来、互の目乱れに丁字乱れが混じり小足が入り葉が働き
帽子軽くのたれて丸く返る。

特徴:信國は了戒系の刀工で相州貞宗に学ぶと言われている。
延文、貞治頃を初代として応永に及んでいる。
本作の信国は特別保存鑑定書に記載されている様に南北朝末期と記載され
信國の初期にあたり初代作と考えられる。 
とかく信国は地金が弱く地に荒れる作品が多いのであるが、
本作は状態の良い素晴らしい地金に乱れ映りが表れ、
丁字乱れの刃紋は見事で体配も優美な素晴らしい作品です。
       

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形



落札価格:¥850,000

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : 助平

助平
2021/05/26 (水) 05:31
¥850,000
オークション開始
2021/05/21 (金) 12:52

※ = 自動入札