AS21201-火縄銃:無銘 

説明

火縄銃:箱入り、(火縄短筒,馬上筒)(ご委託品)
銘:無銘

当社では火縄銃の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は最上作としてはにランクされる作品です。

長さ:52.5cm
銃身: 33.1cm
口径:1.2cm
重量: 1,205グラム
時代:江戸時代中期以前

特徴:銃身の鉄味はよくねっとり黒光を放ち先端は形の良い形をしております。銃身に雲龍を彫り、質の良い真鍮で象嵌を施す。横は目釘穴の周りを真鍮で花模様と龍の図柄を彫り、真鍮で象嵌、そして
下部も同様に桜の木と飛ぶ鳥、獅子の図柄を真鍮で象嵌を施す。

葵美術より:高級な装飾からみて恐らく大名から依頼されて製作された作品で、馬上筒や短筒の長さに近いものとなっております。 馬上筒は約30メートルの目標に向けて射撃することができました。
これらの馬上筒や短銃火縄形式の作品は江戸中期には流行しましたが幕末近くなると洋式銃が勢いを増して火縄銃ではとても立ち向かうことができず、洋式銃へと変わって行きました。
しかしながら、この美しい馬上筒を見ると時代の変化を感じながらも当時を偲ばせる作品で大変貴重なものと言えます。
私も多くの火縄銃は見てきましたがこのような素晴らしい作品は初めてで、博物館で展示されいても一切おかしくない物となっております。また、この火縄銃を入れる為に製作された箱が付いており、当時の玉や火薬入れも入っております。

桐箱入り
葵美術正真鑑定書


落札価格:¥1,250,000

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : Doys

Doys
2021/05/28 (金) 04:20
¥1,250,000
オークション開始
2021/05/21 (金) 11:23

※ = 自動入札