AS20410-刀:池田宗俊

説明

刀:白鞘入り
銘:池田宗俊
慶應二年歳寅二月吉日

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 池田宗俊 としては上々作(刃切れがあります)にランクされる作品です。
研磨済み 上々研磨

はばき:銀着せ一重
刃長:70.0センチ
反り:0.6センチ
目釘穴:1個
元幅:3.2センチ
先幅:2.3センチ
重ね:0.8センチ
刀身重量: 830グラム

時代:江戸時代末期
体配:身幅がやや広く重ね厚く反りやや浅く
鋒が伸びた体配の良い刀
地鉄:小板目肌よく練れて地沸がつき綺麗な地肌となる
刃紋:沸出来互の目乱れ匂口が深くつき
足、柔らかく働き帽子乱れ込んで丸く返る。

特徴:池田宗俊は石見の刀工で島根の良質な砂鉄を素養して玉鋼を制作し刀剣を制作しております。
残念ながらこの刀には刃切れが中程にございます。そのことを踏まえてご検討ください。

葵美術より一言:刀に刃切れがある場合はあらかじめ相手方に伝えておかなければなりません。ご質問で試し切りの際にそこから折れてしまうのかとよく聞かれますが、その様なことはほとんど起きません。いずれにせよ出来の良い作品であり刃切れの部分もほとんどわかりませんので鑑賞には支障がないと考えます。

※刃切れがあります。
葵美術評価鑑定書:
全身押し形



落札価格:¥181,000

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : nakamura.asia

nakamura.asia
2021/05/18 (火) 04:31
¥181,000
nita251
2021/05/13 (木) 03:05
¥180,000
オークション開始
2021/05/11 (火) 11:05

※ = 自動入札