AS21081-短刀:兼定

説明

短刀:白鞘入り
銘:兼定

鞘書: 在銘 兼定
時代永正の頃 長九寸5分有之           
       
無保証
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 兼定としては 上作 にランクされる作品です。
研磨済み  上研磨
はばき:銀一重
刃長:27.6センチ
反り:0.4センチ
目釘穴:3個
元幅:3.1センチ
重ね:0.6センチ
刀身重量: 260グラム
時代:江戸時代末期頃
体配:両刃造
地鉄:小板目肌よく練れて地沸がつき綺麗な地鉄となる。
刃紋:沸出来互の目乱れ足良く働き鎬地にも同様な刃紋を焼く

特徴:本作は両刃の作品であるが鎬地の刃紋は刃をつけてはいないので切れません。研磨を行えば両刃としての機能はでてまいります。
兼定すなわち和泉守兼定といわれた作品ですが、仔細に見ると地金が摘んで美しく映りがありませんので残念ながら銘に疑問が残ります。また刃紋はたいへんよく出来ておりますが
制作年代は江戸時代末期の作品と考えます。堂々とした長寸の両刃で見事な作品です。銘も実によく切れております。
当社では残念ながら正真作としては認めませんができそのものは良くできており銘を取り去ることで保存刀剣は保証いたします。
茎の色も時代色を付けた作品でお見事とした言えません。   
研磨は素晴らしい研磨です。

無保証
葵美術評価鑑定書:全身押し形


落札価格:¥195,000

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : stephenhome744

stephenhome744
2021/05/07 (金) 03:30
¥195,000
オークション開始
2021/05/05 (水) 11:24

※ = 自動入札