AS19631 刀:兼景

説明

ご注文番号:AS19631

刀:拵え入り(保存刀剣)(保存会鑑定書)

銘:兼景

古刀:末古刀:
研磨済み
ハバキ:銀一重
刃長:70.9センチ
反り:1.4センチ
目釘穴:1個
元幅:3.08センチ
先幅:2.19センチ
重ね:0.75センチ
刀身重量:810 グラム
時代:江戸時代初期頃
体配:身幅がやや広く鎬地広く反りが深く大切先となる。
地鉄:板目肌の大板目肌が良く練れて肌立ち良く見て取れる地金となる。
刃紋:錵出来互の目乱れに尖り互の目乱れが交り刃中、砂流、細かな金筋が働く
帽子;乱れ込んで先掃掛となる。

特徴:本作の兼景は江戸時代初期の作品ですが地金肌立ち肌目が良く見てとれ
鎬地も同様な刃紋が見て取れるところから無垢鍛えと課案が得られます。
体配が良く居合刀として鑑賞用として是非御薦め姿態見事な作品です。
銘もしっかりとした作品です。鋒に傷がありますが、是非御薦めしたいです。
         
拵:
鍔:薄手の鉄地に此の葉模様を彫り透かす
縁:赤銅魚魚子地に文様を彫る。頭:角
鞘:刻み鞘
目貫:龍の図柄を高彫りする。

保存刀剣(※近日発行予定)
保存会鑑定書(吉川氏)
葵美術評価鑑定書:全身押し形



落札価格:¥380,000

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : robsmillie68

robsmillie68
2021/04/03 (土) 08:43
¥380,000
オークション開始
2021/03/27 (土) 09:12

※ = 自動入札