AS19640-脇差:平安城住藤原信吉

説明

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)
銘:平安城住藤原信吉

藤代刀工辞典: 新刀:業物:中上作:山城
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 平安城住藤原信吉 としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀と素銅二重鎺
刃長:1尺8寸5分(56.0 センチ)
反り:6分 (1.82センチ)
目釘穴:1個
元幅:3.05センチ
先幅:2.3センチ
重ね:0.6センチ
刀身重量: 600グラム
時代:江戸時代 正保頃 1644年
体配:身幅が広め重ね厚く反りがよく付き
鋒がのびた体配の良いがっしりとした作品で瑕や欠点がない作品。
地鉄:小板目肌よく練れて地沸がつき
綺麗な山城の綺麗な地鉄となる。
刃紋:沸出来、刃区よりのたれ刃となり、
その先山波か海のゆったりとした波動を模したものか
ゆったりと落ち着いた刃となり帽子、丸く、先掃掛となり
返り大きく焼き下げる。刃中砂流、金筋が働く。

特徴:刃紋は3代の越前康継の刃紋を思わせる作品で穏やかな刃紋は見る者を落ち着かせる雰囲気があります。

拵:
鍔:楕円形周りを縄模様で彫り、海の荒らしい波を高彫し
金で色絵をほどこす。
縁頭:海の荒らしい波を高彫し金で色絵をほどこす。
鐺:海の荒らしい波を高彫し金で色絵をほどこす。
栗型:海の荒らしい波を高彫し金で色絵をほどこす。
鞘:青貝散らし。
目貫:龍の図柄を高彫し金で色絵をほどこす。

葵美術より一言ゆったりとした刃紋は鑑賞する者に
どこかゆったりとした気分にさせられます。
身幅が広く重ねがあり刃中に砂流金筋が見てとれ
一見すると3代越前康継を思わせる作品です。
又拵えは青貝散らしと鍔、縁頭、栗型、鐺などは
一作拵えで豪華な状態の良い作品ですので
是非お勧めしたい作品です。 
鎺が古い物となっておりますので、新規作成を希望する方はお申し出ください。金着鎺で4万円、銀鎺で1万円となります。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

落札価格:¥550,000

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : Aeneas

Aeneas
2021/03/26 (金) 07:02
¥550,000
オークション開始
2021/03/19 (金) 10:50

※ = 自動入札