AS21008 脇差:兼友之作

説明

ご注文番号:AS21008

脇差:白鞘入り

銘:兼友之作

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 兼友之作 としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:29.8センチ
反り:0.6センチ
目釘穴:1個
元幅:2.86センチ
重ね:0.57センチ
刀身重量: 235グラム
時代:江戸時代後期
体配:身幅、重ねしっかりとした作品で
多少の反りがありがっしりとした健全な短刀姿。
地鉄:小板目肌実に良く摘んで練れ映りが現れる。
刃紋:匂出来の小丁子乱れとなり足よく入り
葉が働き帽子丸く尖心に返り先乱れこむ。

特徴:兼友は会津の刀工が多く、
本作の兼友は一概に会津とは断定できませんが
かなり上手な刀工で地金が良く詰んで映りがあらわれ
刃紋はやや締まり心の小丁子をうまく焼き上げている。
一見すると新刀の備中守康広を思わせる作品です。
もう少し映りが鮮明に出ていたならば
かなり評価のある刀工であったろうと考えます。
いずれにせよ地金よく体配も健全で瑕、欠点のない
研磨もよく行われた作品ですので是非お求めください。

時代背景:幕末の慌ただしい時期

正真保証品
葵美術評価鑑定書:全身押し形

落札価格:¥191,000

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : lehrgang

lehrgang
2021/03/23 (火) 05:06
¥191,000
atk1122
2021/03/23 (火) 05:06
¥190,000
atk1122
2021/03/22 (月) 09:19
¥189,000
jamlaw
2021/03/22 (月) 09:19
¥188,000
atk1122
2021/03/22 (月) 09:18
¥187,000
jamlaw
2021/03/22 (月) 09:18
¥186,000
atk1122
2021/03/22 (月) 04:21
¥185,000
オークション開始
2021/03/16 (火) 10:13

※ = 自動入札