AS20584-脇差:無銘(直江志津)

説明

脇差:白鞘入り(保存刀剣)
銘: 無銘(直江志津)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(直江志津)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:赤銅一重
刃長:1尺7寸8分5厘(54.09 センチ)
反り: 4分 1.212センチ
目釘穴: 2 個
元幅: 3.13 センチ
先幅: 2.37センチ
重ね: 0.61センチ
刀身重量: 455 グラム
時代:南北朝時代初期頃
体配:大擦り上無銘で身幅が広く重ね厚く
表裏に棒樋を彫り鋒が伸びる。
地鉄:板目よく練れて地沸がつき地景が入る。
刃紋: 沸出来、匂口の深い丸みを帯びた
互の目乱れに尖互の目乱れが混じり 砂流、金筋が働く。
帽子:乱れ込んで先掃掛となり金筋が働く。

特徴:直江志津は正宗十哲の一人である兼氏を祖として美濃国志津の地に活躍した一派
が南北朝時代に同国直江に移住したものの総称である。直江の刀工として兼氏,兼次,兼友,兼信等が有
名であるが、在銘の作は少ないと言われる。
本作は刀剣博物館で直江志津に合格した作品で小沸出来、匂口の深い互の目乱れとなり帽子も激しく働き掃掛て金筋
が働く魅力のある刃紋となります。

葵美術より一言:本作の直江志津は刃紋が特によく匂口深い互の目乱れに刃中に働きが
あり特に帽子は乱れ込んで
金筋が働き変化に富んだ素晴らしい刃紋が見て取れます。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書
全身押し形

開始価格: ¥580,000

残り時間:

終了時刻: 2021/02/28 (日) 10:30

¥
(入札可能 : ¥580,000 )

商品カテゴリー: ,

入札履歴

オークション開始
2021/02/21 (日) 10:44

※ = 自動入札