AS20513-刀:弘邦造(無鑑査刀匠)

説明

刀:白鞘入り(保存刀剣)
銘:弘邦造(無鑑査刀匠)
昭和辛酉年二月日

(かのととり)1981年 昭和56年
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は弘邦としては最上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき金着二重
刃長:77.0センチ
反り: 2.6センチ
目釘穴: 1個
元幅:3.3センチ
先幅: 2.26 センチ
重ね:0.78 センチ
刀身重量: 905グラム
時代:昭和56年1981年
体配:身幅が広く重ね厚くがっしりとした作品で
表裏に棒樋を彫り反りが2.6cmと深くつき
鋒すこし伸びた三作帽子豪壮な作品です。
地鉄:小板目肌よく詰んで地沸がつき地景が働く。
刃紋:小沸出来直刃基調に丸みを帯びた互の目乱れが連なり
足良く入り柔らかな刃縁で刃中細かな砂流、金筋が働く。
帽子、のたれて先小丸に返る。

特徴 弘邦は本名廣木順一と称し福岡県大牟田で
昭和23年に生まれた。人間国宝隅谷正峯氏の門人となり
鍛刀技術を学んだ 研磨の技術にも優れ数々の賞を獲得する。
文化庁長官賞、寒山賞、優秀賞、毎日新聞社賞を獲得した後に
無鑑査となる。 特に相州伝、備前伝、山城伝などを手掛け特に直刃に足の入る作品には定評があります。
興味深いのは隕石で刀剣を制作した作品があり是非見たいものだと思っております。

葵美術より一言:無鑑査刀匠として数々の賞を獲得した
弘邦の豪壮な作品で備前長光当たりを狙って制作した作品です。
直刃基調に足が盛んに働き刃縁が柔らかく品があり飽きのこない作品と言えます。ぜひこの名品をお勧めいたします。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

落札価格:¥751,000

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : ks

ks
2021/02/18 (木) 17:45
¥751,000
agincourt78-8387
2021/02/18 (木) 17:45
¥750,000
ks
2021/02/17 (水) 11:13
¥650,000
オークション開始
2021/02/17 (水) 10:37

※ = 自動入札