AS19235-大小:栗原謙司信秀/正雄

説明

大小:

———————–

大:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:栗原謙司信秀
柳下十助継賢

藤代刀工辞典:新新刀:上々作:武蔵
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は栗原謙司信秀としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金無垢(含有量は少ない)と銀に家紋を透かした二重はばき。
刃長:70.6センチ
反り:1.2センチ
目釘穴: 1 個
元幅: 3.11 センチ
先幅:2.17センチ
重ね:0.69センチ
刀身重量: 780グラム
時代:江戸時代末期 
体配:身幅、重ね頃合いとなり反り適度に付き鋒が伸びた体配
地鉄:小板目肌に小杢目肌が混じり地沸がつき
精良な地鉄地鉄となる。
鎬地:小板目肌に杢目肌が混じる
刃紋:沸出来丸い互の目乱れが連なり足匂口柔らかく刃縁ふんわりと柔らかく足良く入り刃先に達する。
帽子:大きく丸く尖り風に返る。

特徴: 栗原謙司信秀は清麿一門として有名な刀工で
本国は越後通称栗原謙司、慶應元年頃
筑前守を受領しその頃信孝と名乗った。大阪においても制作する。刀身に龍や不動、梅枝の彫り物を多く制作する。明治4年以降廃刀令ののちに越後に戻りその後は刀剣の制作は行わず
廃業したと考えられます。 本作に彫られた柳下十助継賢は幕臣で彼の依頼であろうと考えられます。

拵: 清流軒一民の一作拵え
鍔:楕円形をした銀地に川の流れと梅の花を高彫する
縁頭:銀地に波の流れと梅の花びらを高彫する  銘:清流軒 一民
鞘:深緑色に金で紋様を描く
目貫:金無垢?で龍の図柄を高彫する
小柄:銀地に波の流れと梅の花びらを高彫する  銘:清流軒 一民
笄:銀地に波の流れと梅の花びらを高彫する  銘:清流軒 一民
鐺:栗形:反り角:栗形。反り角を固定した地鉄

葵美術より一言:本作の栗原 謙司信秀は長さ、反り、重ねともにバランスが良く体配の良い作品です。
清麿一派の作品とし大小として揃え出来の素晴らしい作品を制作しております。また拵えは清流軒 一民が制作した大小ともに極めて優れた作品と言えます。また大小に小柄。笄がつけられているのも珍しくその技量は素晴らしい。
大小で清麿系統の作品が揃い拵えも素晴らしい作品を是非お勧め致します。

———————–

小:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:正雄(山浦正雄)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は正雄(山浦正雄)としては最上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金無垢(含有量は少ない)と銀に家紋を透かした二重はばき。
刃長:1尺5寸3分(46.4 センチ)
反り:3分(0.9 センチ)
目釘穴:1個
元幅:2.8センチ
先幅:2.8センチ
重ね:0.6センチ
刀身重量: 450グラム
時代:江戸時代嘉永の頃
体配:菖蒲作り風の作品で身幅が広く重ね薄く
鎬地広く鋭さのある作品です。
地鉄:板目肌の杢目肌が良く練れて地沸がつき地景が良く働く
刃紋:沸出来互の目乱れ、二重刃が混じり
金筋が激しく入り帽子も同様に乱れ込んで
金筋が激しく表裏に働き清麿を上回る作品です。

特徴:山浦正雄は清麿の兄に当たり銘は色々と変えている。
遊雲斎寿長、信濃国寿昌、正雄
寿長、天然子寿昌、信濃国小諸住山浦寿昌、源正雄造乃、源正雄、真雄、信州住正雄、
山浦真雄、松代住真雄、源朝臣寿長、山浦登源正雄造、信濃国真雄、遊射軒真雄、遊雲斎真雄  
と銘をかなり変えております。正雄は山浦信風の子で駒次又は善太夫と称した。
弟の清麿とともに河村寿隆の門人となり匂出来、小沸できの丁子刃を制作していたが
その後は二人共に相州伝の作品を手がける様になりました。
本作は清麿とは変わらない、いやそれを上回る作品を制作することに成功しました。   
刃紋は新刀の蘩慶を思わせる激しい作品で刃中の金筋はまさに圧倒されます。

拵:清流軒一民の一作拵え
鍔:楕円形をした銀地に川の流れと梅の花を高彫する
縁頭:銀地に波の流れと梅の花びらを高彫する。銘:清流軒 一民
鞘:深緑色に金で紋様を描く
目貫:金無垢?で龍の図柄を高彫する
小柄:銀地に波の流れと梅の花びらを高彫する。銘:清流軒 一民
笄:銀地に波の流れと梅の花びらを高彫する。銘:清流軒 一民
鐺:栗形:反り角:栗形。反り角を固定した地鉄
地鉄は銀地で波と梅のずがらを高彫する。

葵美術より一言:本作は良く間違えられるのは鈴木正雄ですが彼は清麿の弟子で草書銘を切ります。
正雄(清麿の兄)は銘を楷書銘で切り草書銘の清麿の弟子すなわち鈴木正雄とはことなる。
なお正雄銘は嘉永2年の末から嘉永3年8月まで切っております。
詳細は清麿大鑑をご覧ください
清麿と比較して何ら劣らない清麿の兄の正雄の最高傑作品といってよい脇差です。

———————–
それぞれに特別保存刀剣
拵えに保存刀装具
葵美術評価鑑定:全身押し形

大(刀)

———————–
小(脇差)

終了したオークション

入札がなかったため、オークションの期限が切れました

商品カテゴリー: , , ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

入札がなかったため、オークションの期限が切れました
オークション開始
2021/02/14 (日) 11:24

※ = 自動入札