AS20509-刀:無銘(加藤義国)

説明

刀:白鞘入り(保存刀剣)
銘: 無銘(加藤義国)

藤代刀工辞典:新新刀:中上作:羽前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 無銘(加藤義国) としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み 上研磨
はばき:素銅一重ハバキに金色絵
刃長: 71.1センチ
反り: 1.2センチ
目釘穴: 1 個
元幅: 3.01センチ
先幅: 2.4 センチ
重ね:0.9 センチ
刀身重量: 835 グラム
時代:江戸時代末期 慶應の頃
体配:身幅が広め重ねやや厚く、反り適度につき
鋒がのびた体配で表には見事な梅と龍の図を彫る。
地鉄:小板目が摘んだ無地風の地鉄となる。
刃紋:刃区より直刃、その先丸みを帯びた丁子乱れが働き
足良く入り帽子、乱れ込んで丸く返る。

特徴:加藤義国は加藤長 運歳綱俊で鍛錬技術を学び
横山一派風の匂口やや締まった丁子乱れを制作する。
作風も綱俊とよく似ており丁子乱れを焼き上げます。
なにゆえに生無銘であるのかは不明でありますが、
見事な彫りが刀身に彫刻されております。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形


落札価格:¥480,000

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : c_hdf_daisho

c_hdf_daisho
2021/01/24 (日) 09:16
¥480,000
オークション開始
2021/01/17 (日) 11:16

※ = 自動入札