AS20457-脇差:山城大掾源国重

説明

脇差:白鞘入り(保存刀剣)

銘:山城大掾源国重

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 山城大掾源国重としては 上々作 にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅一重 
刃長:39.5センチ
反り:0.8センチ
目釘穴:1 個
元幅:3,0センチ
先幅:2.24センチ
重ね:0.65センチ
刀身重量: 400グラム
時代:江戸時代 寛文の頃
体配:身幅広め、重ねやや厚く反り適度につき
鋒が伸びた作品です。
地鉄:板目肌肌立ち,地沸がつき肌目の良くみて取れる地金となる。
刃紋:刃区より沸出来直刃、その先直刃に互の目乱れが混じり
物打ちから更に匂口が深く
帽子丸く反り、匂口深く大きく焼き下げる。

特徴:山城大掾源国重は水田国重の一派で荒々しい沸出来の激しい作品を好んで制作し荒い沸出来となります。本作は水田国重の特徴を遺憾無く発揮し特に物打ち近辺から激しい出来となり返って鎬地にも激しい焼きを入れます。

保存刀剣 
葵美術鑑定書:全身押し形


開始価格: ¥220,000

残り時間:

終了時刻: 2021/01/21 (木) 10:37

¥
(入札可能 : ¥220,000 )

商品カテゴリー: ,

入札履歴

オークション開始
2021/01/14 (木) 10:37

※ = 自動入札