AS20311-刀: 包宗

説明

刀:白鞘入り(貴重刀剣)(保存刀剣)

銘: 包宗

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 包宗 としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地一重
刃長: 70.0 センチ
反り: 1.6センチ
目釘穴: 2 個
元幅: 3.12 センチ
先幅: 2.25 センチ
重ね: 0.75 センチ
刀身重量: 825 グラム
時代:江戸時代文政の頃
体配:身幅尋常で重ねやや厚く反り
適度について鋒、大きく伸びる。
地鉄:小板目肌よく練れて肌立ち地沸がつき
肌目が良く見て取れる。
刃紋:沸出来互の目乱れ。刃中、砂流、細かな金筋が働く。
帽子:のたれて先焼詰風に尖って返る。

特徴:包宗は山城の刀工で文政頃に活躍する。

貴重刀剣
保存刀剣鑑定書(※近日発行予定)
葵美術評価鑑定書:全身押し形



開始価格: ¥270,000

残り時間:

終了時刻: 2021/01/20 (水) 10:30

¥
(入札可能 : ¥270,000 )

商品カテゴリー: ,

入札履歴

オークション開始
2021/01/13 (水) 10:23

※ = 自動入札