AS19499-刀:日置光平造(無保証)

説明

刀:白鞘入り(相州伝郷土刀剣鑑定書/本阿弥光正)(委託品)

銘:日置光平造(無保証)
    
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は日置光平造(無保証)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着二重
刃長:70.4センチ
反り:1.2センチ
目釘穴:2個
元幅:3.08センチ
先幅:2.25センチ
重ね:0.68センチ
刀身重量:765グラム
時代:江戸時代寛文の頃
体配:身幅やや広く重ね厚く反りの浅い切先やや延びた
寛永から寛文にかけて製作された刀。
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き綺麗な澄んだ地金となる。
地には映りが現れる。
刃紋:錵出来直刃、匂口が深く足、葉が盛んに働き
刃中、砂流、金筋が働き帽子匂口やや深く
丸く返り鎬地に焼きが入る。

特徴:日置光平は江戸石堂一派の刀工で
姓は日置、石堂常光の弟で、出羽守を受領し、出羽入道とも銘を切った。
一文字を目標に制作した華やかな作品を作り、
丁字刃では是一と共に名高い。

葵美術より一言:本作は相州伝郷土刀剣鑑定書が付いておりますが
当社としては無保証とさせて頂きます。
銘も良く切れておりますが何となくすっきりとしません。
地金は良く映りもあり新刀の映りを出す。一派としては光平、是一。
福岡石堂等があります。光平の直刃出来は見た事が無いだけに
明確に正真、偽名とは云えませんが無保証として販売させて頂きます。

桐箱付き
相州伝郷土刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

落札価格:¥282,000

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : マチルダさん

マチルダさん
2020/12/22 (火) 23:17
¥282,000
qkki83227
2020/12/22 (火) 23:17
¥281,000
マチルダさん
2020/12/22 (火) 22:11
¥280,000
qkki83227
2020/12/22 (火) 22:11
¥279,000
マチルダさん
2020/12/22 (火) 22:11
¥278,000
qkki83227
2020/12/22 (火) 22:11
¥277,000
マチルダさん
2020/12/22 (火) 22:11
¥276,000
qkki83227
2020/12/22 (火) 22:11
¥275,000
マチルダさん
2020/12/22 (火) 22:10
¥273,000
qkki83227
2020/12/22 (火) 22:10
¥272,000
マチルダさん
2020/12/22 (火) 22:10
¥270,000
qkki83227
2020/12/22 (火) 22:10
¥269,000
マチルダさん
2020/12/22 (火) 22:10
¥268,000
qkki83227
2020/12/22 (火) 22:10
¥267,000
マチルダさん
2020/12/22 (火) 22:10
¥266,000
qkki83227
2020/12/22 (火) 22:10
¥265,000
マチルダさん
2020/12/22 (火) 22:09
¥264,000
qkki83227
2020/12/22 (火) 22:09
¥263,000
マチルダさん
2020/12/22 (火) 22:09
¥262,000
qkki83227
2020/12/22 (火) 22:09
¥261,000
マチルダさん
2020/12/22 (火) 21:16
¥260,000
オークション開始
2020/12/20 (日) 12:50

※ = 自動入札