AS20468-刀:備中守橘康広

説明

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘: 備中守橘康広
菊紋

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は最上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重に菊の図
刃長:60.7センチ
反り:0.9センチ
目釘穴:1個
元幅: 2.95センチ
先幅: 2.23センチ
重ね:0.638センチ
刀身重量: 480グラム
時代:江戸時代 寬文の頃
体配:短めの刀で表に棒樋を彫る。反りが浅く、鋒がやや大きく伸びた体配の作品
地鉄:小板目肌よく練れて地沸がつき、細かな地景が入る
刃紋:沸出来互の目乱れに沸が良くつき、刃中に砂流、金筋が良く働く。帽子は丸く,先は掃掛。

特徴:初代康広本国は土佐将監為康の次男で陸奥守為康の弟。兄と共に大坂に移り、大坂石堂と称す。
二代康広は初代康広の子で作柄は父と同じく、備前一文字風の丁子乱れで映りの立つものと、小沸出来で沸、匂深く濤瀾刃を焼いたものもある。

拵え:藻唐子宗典揃い拵
鍔円形の鉄鍔に6人の武者を高彫し金で色絵をほどこす。銘: 藻唐子宗典製
鞘:黒石目地鞘
縁頭:赤銅魚子地に武者の戦う図柄を高彫し金で色絵をほどこす 銘:藻唐子宗典製
目貫: 赤銅地に鎧と槍?の図柄を高彫し金で色絵をほどこす

葵美術より一言:備中守橘康相州伝風の作品と丁子乱れに映りのある作品を得意としております。
私見ですが本作は備中守橘康広の傑作であります。特に左右に入る長い金筋、砂流や匂口の深さが素晴らしい。砂流とは。金筋とは。匂口の深さとは何かが良く勉強でき、初心者の方にも是非お勧めしたい。拵は見事な藻唐子宗典の一作で特に鍔と縁頭は見事です。

葵美術正真鑑定書
特別保存刀剣鑑定書
全身押し形


落札価格:¥570,000

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : fred

fred
2020/12/23 (水) 09:53
¥570,000
macha15
2020/12/23 (水) 09:53
¥569,000
macha15
2020/12/23 (水) 09:52
¥566,000
fred
2020/12/23 (水) 09:52
¥565,000
macha15
2020/12/23 (水) 05:30
¥551,000
tgsmith02
2020/12/23 (水) 05:30
¥550,000
tgsmith02
2020/12/19 (土) 00:52
¥500,000
オークション開始
2020/12/16 (水) 11:26

※ = 自動入札