AS20307 短刀:胤光造

説明

ご注文番号:AS20307

短刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:胤光造
明治二年二月

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 胤光造 としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅一重
刃長: 19.7センチ
反り: 0.0センチ
目釘穴: 1 個
元幅: 2.42センチ
重ね: 0.71センチ
刀身重量: 155グラム
時代:江戸時代末期から明治二年。
体配:身幅がやや広く重ね鎧通の様な作品。
地鉄:小板目肌よく詰んで地沸がつき柔らかな地金となる。
刃紋:小沸出来互の目乱れが刃区より鋒まで連なる。

特徴:胤光は直胤の門人でその一字をもらい胤光と命名した
作風は師匠の作域を伝承し、名字が隷書体で刻むものが多い。
余程師匠の直胤に気に入られていたと考えられます。

拵:簡単な朱塗り鞘と柄は黒色となる。

葵美術より一言:胤光は大慶直胤の弟子でかなり技量の優れていた刀工であった為
直胤の銘に一部に胤をもらい胤光と銘を入れる。
一般には心慶胤光と呼ばれている。
隷書体であるのも直胤とよく似ております。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

終了したオークション

入札がなかったため、オークションの期限が切れました

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

入札がなかったため、オークションの期限が切れました
オークション開始
2020/12/01 (火) 12:54

※ = 自動入札