AS09283-刀: 無銘(新々刀海部)

説明

刀:拵え入り(保存刀剣)(鑑定小札)
銘: 無銘(新々刀海部)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来はとしては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅一重ハバキ
刃長: 61.0センチ
反り: 0.5センチ
目釘穴:1 個
元幅: 3.25 センチ
先幅: 2.4センチ
重ね: 0.85 センチ
刀身重量: 945 グラム
時代:江戸時代末期
体配:重量(945グラム)の重い作品で
身幅、重ね厚くゴリっとした刀です。
地鉄:小板目肌柾目が強く流れ地沸がつく。
刃紋:沸出来、直刃基調に互の目が混じり
足が入り物打ち近辺から皆焼状となり、
匂口深く野趣に飛んだ作品となる

特徴:鑑定古札では同田貫と鑑定がなされていたが
刀剣博物館の鑑定で新々刀海部と鑑定されました。
刃中には砂流、金筋が働く。
がっしりと重量感があり健全な作品です。

拵:
鍔:木瓜形鉄鍔
縁頭:鉄地に蜻蛉の図柄を高彫し金で色絵をほどこす
鞘:黒石目地に紋様を刻む。
目貫:赤銅地で花の図柄を高彫し金で色絵をほどこす
鐺:鉄地に紋様を刻む。

葵美術より一言:短めの刀でがっしりとした作品で
切れ味の良い作品と思われます。
拵えもしっかりとしております。

保存刀剣: 鑑定小札
葵美術評価鑑定書:全身押し形


終了したオークション

入札がなかったため、オークションの期限が切れました

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

入札がなかったため、オークションの期限が切れました
オークション開始
2020/11/11 (水) 10:13

※ = 自動入札