AS20362-刀:無銘(寿命)

説明

刀:拵え入り(保存刀剣)

銘:無銘(寿命)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 無銘(寿命)としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀二重
刃長:69.0センチ
反り:1.4センチ
目釘穴:1個
元幅:2.5センチ
先幅:1.67センチ
重ね:1.4センチ
刀身重量: 800グラム
時代:室町時代末期
体配:身幅、重ね尋常な反りやや深く付き
切先が延びた体配の良い作品です。
地鉄:板目肌、地錵が良く付き映りが現れる。
刃紋:錵出来き丸みを帯びた互の目乱れとなる。
刃中、足、葉が働き帽子、乱れ込む。

特徴:無銘寿命と鑑定された作品で、昔から寿命は寿命が延びるといわれ数多くの作品が
制作され縁起の良い作品として贈答用に利用されたと言われております。 
本作は室町時代末期の作品で寿命と鑑定がなされましたがその鑑定はもっともであろう
と考えます。多少肌の荒れが有りますが中々風情のある作品です。

拵:
鍔:鉄鍔に耳を立ち上げ中に斧と思われる図を透かす
縁頭:赤銅地 魚子仕立て地
鞘:焦茶色鞘
目貫:龍の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。

葵美術より一言: 柄糸は皮で出来上がっており,居合い刀としても鑑賞用としても向いております。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:
全身押し形


落札価格:¥280,000

Auction expired without reaching reserve price

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

Auction expired without reaching reserve price

最高入札者 : Honor

Honor
2020/11/06 (金) 15:58
¥280,000
オークション開始
2020/11/05 (木) 09:42

※ = 自動入札