AS20402 刀:横山上野大掾藤原祐定(無保証)

説明

ご注文番号:AS20402

刀:白鞘入り、拵え付き

銘:横山上野大掾藤原祐定(無保証)
備州長船住人

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 横山上野大掾藤原祐定(無保証)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み上研磨
はばき:金着一重
刃長: 66.5 センチ
反り: 2.2 センチ
目釘穴: 1 個
元幅: 2.86 センチ
先幅: 2.03 センチ
重ね: 0.7 センチ
刀身重量: 655 グラム
時代:江戸時代元禄の頃
体配:身幅、重ね尋常な反りが深くつき鋒やや伸びて
体配の綺麗な作品
地鉄:板目肌よく練れて地沸がつき綺麗な地鉄となる。
刃紋:沸出来、刃区より直刃、その先、矢筈風の互の目乱れが続く。
帽子、丸く返る。

特徴:横山上野大掾藤原祐定は室町時代に大いに繁栄した
備前一派の流れを汲んで江戸時代に備前一派を立ち上げた
刀工として知られております。

拵:半太刀拵え
鍔:太刀鍔
縁頭:山銅地に唐草模様を彫る
目貫:赤銅地に動物の図柄を高彫し金で色絵をほどこす。

葵美術より一言:横山上野大掾藤原祐定は著名な刀工ゆえたくさんの偽銘刀が制作され
ている。残念ながら本作もその一振りと言えます。
しかしながら出来は本物に近く
地金、刃文は優れた出来をしております。銘は落ち着き江戸時代に制作されたと考えられます。
本作には半太刀拵えがついております、
刀の作は大変よく出来ており研磨も上研ぎがほどこされ瑕、欠点のない作品です。
銘を削れば当然保存刀剣には合格できます。 しかしよく切れた銘です。

無保証
葵美術評価鑑定書:全身押し形

落札価格:¥301,000

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : hdn0023639

hdn0023639
2020/11/10 (火) 18:48
¥301,000
carl
2020/11/10 (火) 18:48
¥300,000
carl
2020/11/10 (火) 18:48
¥291,000
hdn0023639
2020/11/10 (火) 18:48
¥290,000
carl
2020/11/10 (火) 18:48
¥281,000
hdn0023639
2020/11/10 (火) 18:48
¥280,000
carl
2020/11/10 (火) 18:47
¥271,000
hdn0023639
2020/11/10 (火) 18:47
¥270,000
carl
2020/11/10 (火) 18:47
¥266,000
hdn0023639
2020/11/10 (火) 18:47
¥265,000
carl
2020/11/10 (火) 18:47
¥261,000
hdn0023639
2020/11/10 (火) 18:47
¥260,000
carl
2020/11/10 (火) 18:46
¥258,000
hdn0023639
2020/11/10 (火) 18:46
¥257,000
carl
2020/11/10 (火) 18:45
¥256,000
hdn0023639
2020/11/10 (火) 18:45
¥255,000
carl
2020/11/10 (火) 18:44
¥254,000
hdn0023639
2020/11/10 (火) 18:44
¥253,000
carl
2020/11/10 (火) 17:43
¥252,000
hdn0023639
2020/11/10 (火) 17:43
¥251,000
hdn0023639
2020/11/10 (火) 16:18
¥250,000
オークション開始
2020/11/03 (火) 12:40

※ = 自動入札