AF20370-縁頭:後藤法橋 一乗(花押)

説明

縁頭: (特別保存刀装具)
銘:後藤法橋 一乗(花押)

縁 長さ:3.81cm x 2.32cm x 1.18cm
頭 長さ:3.39cm x 1.78cm x 0.93cm

時代:江戸時代

特徴: 赤銅魚子地に昆虫の図を彫り、金色絵を施す。
後藤一乗は後藤七郎右衛門重乗の次男として、寛政3年(1791年)に京都に生まれた。
幼名は栄次郎、後藤八郎兵衛謙乗の養子となり、11歳で後藤半左衛門亀乗に師事した。
文化2年(1805年)、15歳の時、家督を継ぎ、光貸と名乗り、
文化8年(1811年)に光行と改名。また文政7年(1824年)に光代と改名。
同年法橋の位を受領し、文久3年(1863)にはさらに法眼に進み、
明治9年(1876年)に86歳で亡くなった。
後藤風の作風から、さらに進化させ、写実性が豊かで、優雅な作風の一乗風を完成させた。 
また、一乗は俳句、和歌、絵画にも優れた才能を持っており、まさに後藤家の掉尾を飾る巨匠と言える。

桐箱入
葵美術評価鑑定書

落札価格:¥650,000

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : 古三原

古三原
2020/11/04 (水) 19:16
¥650,000
オークション開始
2020/10/28 (水) 13:38

※ = 自動入札