AS24198 脇差:(菊紋)伊賀守源包道(特別保存刀剣)

説明

脇差:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘: (菊紋)伊賀守源包道

新刀:業物:中作:摂津
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は(菊紋)伊賀守源包道としては最上作 にランクされる作品です。
研磨済み
鎺:金着一重
刃長: 59.0センチ
反り:1.6センチ
目釘穴:1個
元幅:3.22センチ
先幅2.2センチ
重ね:0.67センチ
刀剣重量: 595グラム
時代:江戸時代正応の頃
体配:あと1cmで刀の長さに分類される大きな脇差です。
表裏に濃密な登り竜と下り流を掘りその上部には雲らしきものを彫る。
地鉄:小板目肌よく詰んで大阪地鉄となり、よく詰んだ地鉄となる。
刃紋:沸出来大互の目乱れ、動濤刃となり匂口が深く帽子丸く返る。

特徴:この出来から見て中作品とはとても見えず、上々作から最上作に見える作品です。

葵美術より一言:(菊紋)伊賀守源包道は本国は大和で大阪に住み左陸奥の門人です。菊紋を彫り下部に木の葉の紋様を掘る。また3代まで続く刀工群であります。 本作はその初代にあたり動濤刃を焼き上げて極めて上手な作品を残し彫りも見事な作品です。
茎に菊紋を刻んだ技術の巧みさからこの彫りも製作したと考えら
れます。鱗の部分の上部はやや摩滅した部分がかすかに感じられ龍の部分が研磨されたと言えます。
本によると中作となっておりますが、かなり上手な刀工であること
がわかります。もう少し研究をしてみたいものです。特に菊紋の部分と包道がなぜ動濤刃を見事に焼き上げたのかまた、彫りが
上手なのかなどです。是非ご紹介したい作品です。

特別保存刀剣
葵美術鑑定書
全身押し形




終了したオークション

入札がなかったため、オークションの期限が切れました

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

入札がなかったため、オークションの期限が切れました
オークション開始
2024/07/10 (水) 15:46

※ = 自動入札