AS23084 刀:無銘 (千子正重)(保存刀剣)

説明

刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘: 無銘 (千子正重)

未古刀:上上作:伊勢
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘 (千子正重)としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
鎺:金色絵一重鎺。
刃長:62.9センチ
反り:1.5センチ
目釘穴:4個
元幅:2.68センチ
先幅:1.65センチ
重ね:0.57センチ
刀剣重量: 505グラム
時代:室町時代永正頃
体配:身幅やや狭く長さは擦りあげられて、やや短い、
鋒やや長く反りが深く体配のよい作品です。
地鉄:小板目肌良く練れて淡い映りが現れる。
刃紋:表裏の波紋が揃い互の目乱れにのたれ刃に
直刃が混じり、明るく冴えた作となります。鋒は三作風の小丸に返った作品です。又、刃文と刃文の谷間に金筋がよく働いております。

特徴:千子正重は父親が村正であり、名もよく似た銘で中心も同じである。

拵:半太刀拵
鍔:木瓜型鉄鍔に雲龍を高彫りする。
縁:赤銅地に周りを金線で囲んだ縁 頭:つの。
鞘:桜の木を思わせる幹を模して製作された見事な作品です。
目貫:画題は不明であるが赤銅地も金を巻きつけた作品でよく出来ております。
小尻:石突金物:柏葉:二の足は赤銅地
小柄:赤銅魚魚子地に花の図柄を高彫りする。古金工?
笄:赤銅魚魚子地に花の図柄を高彫りする。

葵美術より一言:村正の子と伝えられた刀工で先子村正の門人で作風は村正に酷似する。村正は刃文は沈み心ですが本作は明るく冴えております。 また村正一派は短刀の製作が多いのですが刀の製作は極めて少なく滅多に出てこません。この作品はは珍しく刀になっております。鎬地は板目に柾目が大きく流れており美濃の特
徴が良くでております。村正によく似た作品を是非お求めください。

保存刀剣
葵美術鑑定書
全身押し形




落札価格:¥1,303,000

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : DMNK

DMNK
2024/07/13 (土) 08:56
¥1,303,000
月山
2024/07/13 (土) 08:56
¥1,302,000
月山
2024/07/13 (土) 07:13
¥1,301,000
DMNK
2024/07/13 (土) 07:13
¥1,300,000
DMNK
2024/07/13 (土) 07:13
¥1,251,000
月山
2024/07/13 (土) 07:13
¥1,250,000
DMNK
2024/07/12 (金) 03:10
¥1,200,000
オークション開始
2024/07/06 (土) 10:34

※ = 自動入札