AS24295 脇差:豊後高田住藤原行光(特別保存刀剣)

説明

脇差:拵え入り(特別保存刀剣)

銘:豊後高田住藤原行光

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は豊後高田住藤原行光としては 上作 にランクされる作品です。
研磨済み
鎺:金着二重
刃長:46.2 センチ
反り:1.7センチ
目釘穴:3個
元幅:3.08センチ
先幅:2.21センチ
重ね:0.68センチ
刀剣重量:490グラム
時代:江戸時代
体配:身幅が広く重ねしっかりと反り深くつき鋒がのびた、
体配の良い姿をした作品です。
地鉄:小板目肌よく練れて肌立ち、地鉄がよく見て取れる。
刃紋:沸出来互の目乱れ刃紋がはっきりと見て取れる。

特徴:仲間勘座衛門と称し肥後熊本でも製作する。
豊後高田住藤原行光は製作年代は長く出来の良い作品が多い。
この刀は互の目乱れに足が入り明るく冴えた作品で帽子丸く返りが深い。拵もよくできており、お勧めできる作品です。


鍔:木瓜型鉄鍔に龍の図柄を高彫りする。
縁頭:赤銅魚子地に龍を高彫りし金色絵を施す
小柄;赤銅魚子地に剣巻き龍を高彫りする、
小刀;銘はあるが付銘
鞘::朱と黒の代わり塗り鞘。
目貫:龍の図柄を高彫りし金で色絵を施す。

特別保存刀剣
葵美術鑑定書  
全身押し形




終了したオークション

入札がなかったため、オークションの期限が切れました

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

入札がなかったため、オークションの期限が切れました
オークション開始
2024/07/05 (金) 11:49

※ = 自動入札