AS24078 脇差:下原住山本源次照重(特別保存刀剣)

説明

ご注文番号:AS24078

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:下原住山本源次照重

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は下原住山本源次照重としては 上々作 にランクされる作品です。
研磨済み
鎺:金着二重
刃長:53、1 センチ
反り:1.7センチ
目釘穴:1個
元幅:2.75センチ
先幅:1.92センチ
重ね:0.58センチ
刀剣重量:465グラム
時代:江戸時代元和の頃照重4代
体配:反りの高い鋒ののびた作品で
地鉄:小板目肌よく練れた下原独特の美しい八雲映りが現れる。
刃紋:沸出来直刃出来に所々互の目が入り帽子1枚に返る。

特徴:下原住山本源次照重は現在の八王子近辺の刀工が製作をしたと言われている。
かつて刀剣博物館で活躍された後藤安孝氏が武州下原刀に熱心に研究されました。
武州下原刀は地味な作品が多い為それほど高い評価は出ませんでしたが
室町時代大永頃からよく調査をされ大きな評価のある昨品を製作したと感心させられました。
特に刀に刀身に彫られた刀身彫りは見事な作品がございます。
さらに福生市郷土資料室なども製作しました。

拵:
鍔:木瓜形鉄鍔に中を細かく穴を開ける: 南蛮鍔
縁頭:赤銅地に花の図柄と月の図柄を金で色絵を施す。
小柄:裏には凹みがありますが秋草と秋虫を高彫りし
金で色絵を施す。
笄:花の図柄を高彫りし金で色絵を施す。
鞘:梅花皮鞘
目貫:文様を高彫りし金で色絵を施す

葵美術より一言:大変よくできた拵と脇差の下原住山本源次照重の作品です。特に下原の八雲映りは見事な作品で反りの深い作品です。ぜひお勧めしたい作品です。
寒山押形 新刀事典 p.204所載品

特別保存刀剣
葵美術鑑定書
全身押し形



落札価格:¥562,000

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

最高入札者 : Aeneas

Aeneas
2024/06/13 (木) 08:21
¥562,000
macha15
2024/06/13 (木) 08:21
¥561,000
macha15
2024/06/11 (火) 04:15
¥500,000
オークション開始
2024/06/06 (木) 10:43

※ = 自動入札