AS23437 脇差:無銘(手掻包清・時代南北朝)(特別保存刀剣)

説明

脇差:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:無銘(手掻包清・時代南北朝)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(手掻包清・時代南北朝)としては 上々作 にランクされる作品です。
研磨済み
鎺:素銅一重
刃長54.2センチ
反り:2.2センチ
目釘穴1個
元幅2.80センチ
先幅:2.06センチ
重ね:0.58センチ
刀剣重量:480グラム
時代:南北朝時代
体配:大擦上無銘で身幅やや広く鋒の伸びる。
地鉄:小沸出来地景が入り、柾目がかかり地景がよく入る。
刃紋:小互の目乱れに砂流、金筋がよく働き、
帽子は刃に沿って焼き詰めとなる。

特徴:本作は南北朝時代の作品で大擦り上げであるが地鉄が素晴らしく柾目が強く地景が幾重にも入り研磨が優れている。

拵:
鞘:黒呂色鞘をひねり巻の黒呂色を塗る。
鍔:円形の赤銅鍔に河の流れと飛ぶ鳥を透かし
所々金で色絵を施す
縁頭:赤銅地に海の流れと太陽を高彫りし
寺の門と松の木を高彫りし金を施す。
目抜:木の一巻きを高彫りし金色絵を施す。
笄:真鍮で製作した笄

葵美術より一言: 刃中に砂流、金筋がよく働き手掻包清の南北朝時代の格調ある作品です。 研磨はしっかりと行われており
地鉄の良さと刃紋の金筋刀がよく引き出されております。
是非お勧めしたい見事な作品です。本作は、無銘(手掻包清)と鑑定された作品で時代も南北朝時代の作品で、拵もきちんとしております。是非お買い求めいただきたい作品です。

特別保存刀剣
葵美術鑑定書
全身押し形




終了したオークション

入札がなかったため、オークションの期限が切れました

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

入札がなかったため、オークションの期限が切れました
オークション開始
2024/06/05 (水) 11:44

※ = 自動入札