AS23749 短刀:廣次(特別保存刀剣)

説明

短刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘: 廣次

末古刀:上作:相模
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は廣次としては 上々作 にランクされます。

鎺:金色絵一重
刃長:21.9cm
反り:0cm
目釘穴:1個
元幅:2.4cm
重ね:0.6cm
刀剣重量:125グラム
時代:室町地代後期
体配:綺麗な筍反りの短刀
地鉄:小板目肌に小杢目肌がよく詰んで精良な地鉄となり淡い写りが現れる。
刃紋:刃区より水影映りが現れ、直刃に小互の目乱れとなり物打ちから先に柔らかく乱れ込む。物打ちから先長い金筋が働く

特徴:実に綺麗な地鉄の作品で地景が働き精良な地鉄となり綺麗な銘が刻まれる。

拵:
小柄;赤銅魚子地に松の木と龍と思われる図柄を高彫りする。
鞘:黒呂色鞘

葵美術より一言:相模の広次で相州伝の雰囲気が地鉄に地景が入り精良な地鉄に金筋が働き出来の優れた作品です。是非お勧めしたい作品です。

特別保存刀剣
葵美術鑑定書
全身押し形




終了したオークション

入札がなかったため、オークションの期限が切れました

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

入札がなかったため、オークションの期限が切れました
オークション開始
2024/02/11 (日) 16:59

※ = 自動入札