AS22124 刀:菊紋 伊賀守藤原金道(三代)(特別保存刀剣)

説明

ご注文番号:AS22124
刀:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:菊紋 伊賀守藤原金道(三代) 
日本鍛治宗匠     

新刀:中上作:業物:山城  
当社では刀工の出来により上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は としては 上々作 にランクされる作品です。
研磨済み
鎺:金着二重鎺
刃長:67.0センチ
反り:3.0センチ
目釘穴:1個
元幅:3.56センチ
先幅:2.36センチ
重ね:0.89センチ
刀剣重量:855グラム
時代:江戸時代 宝永の頃
体配:身幅が広く重ね厚く反りが深く付き
切先がのびた豪放な作品です。表裏に棒樋を彫る。
地鉄:小板目肌良く練れて地沸が良くつき綺麗な肌合いとなる。
刃紋:沸出来直刃に小足が入る。

特徴:藤代刀工辞典によると三品勘兵衛と称し、晩年の亨保七年に幕府の命で濱御殿出場豫戦に三代金道御用仰付けられたが不幸にも病に冒された為代理として四代来金道、三代久道が召し出され両人の中来金道の作造りに作勝り和泉守来金道は江戸にて鍛刀したと言われている。

葵美術より一言 三代伊賀守金道は業物として又日本鍛冶惣匠として有名で全国の刀鍛冶の称号を付ける役割を持った刀工であります。作品の特徴は地金が良く山城独特の美しい地鉄を焼いております。  特にこの作品は身幅が広く重ね厚く反りの深い堂々たる姿をした作品です。 是非お求めください。

特別保存刀剣 
葵美術評価鑑定書:全身押し形 鶴田文佳



開始価格: ¥570,000

残り時間:

終了時刻: 2022/08/11 (木) 08:44

¥
(入札可能 : ¥570,000 )
(This will set your max bid. )

商品カテゴリー: ,

入札履歴

オークション開始
2022/08/04 (木) 08:44

※ = 自動入札