AS22038 太刀:□守 (貞守 国不明・時代鎌倉末期)(特別保存刀剣)

説明

ご注文番号:AS22038
太刀:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:□守 (貞守 国不明・時代鎌倉末期)

古刀:貞守;国付銘  鎌倉時代末期
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は としてはに上々作ランクされる作品です。
研磨済み 上々研磨
はばき:金着二重
刃長:71.0センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:2個
元幅:2.82センチ
先幅:1.6センチ
重ね:0.75センチ
刀身重量:780グラム
時代:鎌倉時代末期
体配:茎の後部に貞守と銘が残り、身幅重ねしっかりとして反りが付き切先が伸びる
地鉄:小板目肌に小杢目肌が実に良く練れて映りが現れ、綺麗な地鉄となる。
鎬地:板目肌の杢目肌所々柾目が入り鎌倉時代の地鉄がよくわかります。
刃紋:小沸出来直刃に小足が入りうるみごころの刃紋となる

特徴:貞守の作であるが国が不明であるが鎌倉時代末期の作品です。鎌倉時代以降にはない優れた地鉄で体配が物打ち近辺から先に下がっているので時代は上がるかもしれません

葵美術より一言:刃紋は直刃にうるみ心があるのが惜しまれますが現在刀剣博物館では特別保存の合格しております。なを私が調べた貞守は正応頃の千手院に1人、文永ごろの古備前に一人、承和頃に一人います、後にはかなりの刀工がおりますが時代的に合わないため、この3銘の刀工の誰かではないかと考えます。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形 鶴田文佳




終了したオークション

入札がなかったため、オークションの期限が切れました

商品カテゴリー: ,

入札履歴

このオークションは終了しました。

入札がなかったため、オークションの期限が切れました
オークション開始
2022/06/22 (水) 12:38

※ = 自動入札